そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

その他

在宅勤務で「エナジードリンク飲まなくなった」 その訳は?

勤めているころは、家から電車に乗って職場に着く前にコンビニでエナジードリンクを買って、飲んでいました。 仕事をする前に緊張感を高めるということがあったのです。 仕事を辞めてからは、そんなエナジードリンクを飲む習慣もなくなり、飲んでいたことも…

「自粛生活」は、案外、心地いい?

先日、緊急事態宣言が解除されました。 夕方、散歩するときにも開いている店が増えて、居酒屋では人々の笑い声が聞こえ、街にも少しづつ活気が戻ってきたような気がします。 そしがや自身は、解除されたことはうれしいものの、これまでの自粛生活もそんなに…

知り合いからのお金の無心

勤め始めた20歳代のころ、職場の同僚からお金の無心が何度かありました。 断るのは、勇気がいったのですが、お金を返してもらう段になったら、また催促でイヤな思いをすると考え、貸すことはありませんでした。 一時的に人間関係は悪くなりましたが、その方…

「私は必要ないから10万円を辞退する」は、美談か

10万円の特定定額給付金ですが、地方自治体の窓口の混雑などがテレビのニュースになっています。 多くの人から注目を集めているようです。 そしがやの住んでいる自治体からは、まだまったく連絡がありませんが、10万円を何に使おうかと考えているところ…

外出自粛中のストレス解消方法は?

大学が閉鎖されてから1か月半ほど経ちます。 4月の上旬に閉鎖前の大学へ行ったのが最後の電車を利用しての外出でした。 それ以降は、部屋の中に引きこもり中です。 基本的には、部屋の中にいて、掲示板やzoomを利用して行われる大学の授業に参加したり、そ…

62歳元部長が地域で悪態をつき孤立する現実

先日、買い物が終わり、店のレジで並んでいたら、前の方から客が店員に対して、たびたび大声を出している声が聞こえてきました。 長い行列の後ろの方で並んでいましたが、断片的に耳に入ってくることから内容を判断すると客が店員にクレームをつけているよう…

10万円給付に驚愕、海外からの見方

先日テレビを見ていたら、新型コロナウイルス対策の一環としての10万円給付のために市役所に並んでいる人たちの映像が流れていました。 オンライン申請に必要なマイナンバーのパスワードを忘れた人が再設定のために市役所に訪れたというものです。 システ…

大口を叩いた新入社員、退職のてん末

今年の3月に卒業した同じ専攻の大学院の、ある卒業生についてこんな噂を聞きました。 就職した会社を4月中に退職したというのです。 個人的には、親しくなかったので、どんな理由で辞めたのかは、分かりませんが、厳しい就職活動を経て、せっかく勤めるこ…

コロナ禍の次に世界を襲う「4畳半に4万超のバッタ」の恐怖

今は、テレビを見てもニュース番組は、コロナ関連のものか、それ以外は、再放送が多いです。 ネットでもコロナ関連がほとんどです。 ですが、こんな時に別の災害が起きたらどうするのかちょっと心配になります。 例えば、東日本大震災級の地震が発生したらど…

「200万円は返せない」世界一周クルーズ「ピースボート」の開き直り

60歳で退職したときに船での世界一周を検討したことがあります。 3か月ほどで世界を回るというものです。 よく新聞に広告が載っていたもので、ピースボートが運営しているものでした。 結局、大学へ進んだということもあり、申し込むことは、ありませんで…

なぜ貧乏人ほどパチンコをするのか?

近くの駅前の商店街に散歩を兼ねて、時々、必要な物を買いに行きます。 駅前には何軒かパチンコ屋があるのですが、ほとんどの休業になった中、一軒だけ営業している店がありました。 そこも二日ほど前に通ったら、さすがに閉まっていました。 東京都からの休…

10万円給付、必要ない人たちの本音

先日、所得制限なしで国民全員に「10万円一律給付」が決まりました。 連立破棄まで主張する公明党からの圧力が強かったようです。 メディアでも多くの評論家が主張していたものです。 当初の所得制限ありの30万円の給付策は約1300万世帯を対象に約4兆円を想…

トイレでおしっこをする夢を見た

このごろは、眠りが浅いせいか、夜中に目が覚めることが多いです。 その時には、見ていた夢を結構覚えています。 数日前に見た夢にこんなものがありました。 もう夢の全体像は、忘れてしまいましたが、最後にトイレでおしっこをしているというシーンだけは、…

「高齢者お断り」の賃貸住宅が増えている理由

今、住んでいる分譲マンションに移ってくる前は、公団の賃貸住宅に住んでいました。 ずっとそこにいるつもりだったのですが、妻が分譲の方がいいということでマンションを購入して、10年ほど前に引っ越してきて、現在に至っています。 妻の主張の根拠は、…

女子校育ちで一度も交際経験のない36歳の葛藤

今年、大学院の修士課程を卒業して、別の大学の博士課程に入学した30歳代半ばの独身の女性が同じゼミにいました。 昨年の12月に開かれた忘年会でたまたま隣の席になり、ほかの大学の博士課程に進学するという話題から、結婚していない理由になり、「一度…

壊滅度別の業界リスト(新型コロナ編)

いつも読んでいるちきりんのブログを読んでいたら、今回の新型コロナウイルスについての壊滅度別の業界リストが載っていました。 興味深かったので、取り上げてみたいと思います。 壊滅度を5段階に分けています。 chikirin.hatenablog.com <壊滅度5> 企…

「公務員になれば一生安泰」神話崩壊

そしがや自身が公務員だったので、公務員関係の記事をよく読むようにしています。 以前は、公務員になれば、安泰という内容のものが多かった気がします。 企業とは異なって、破産することもないので、それなりの給料をもらって、定年まで勤められるというも…

元エリート、屈辱的だった期間工面接

通っている大学院には、社会人経験のある学生が結構いるのですが、中には、ユニークな経歴の人もいます。 昨年、入学した学生には、高校を中退して、バンド活動をしていたのですが、目が出ず、夢をあきらめ、ある自動車メーカーの期間工になったことのある3…

43歳独身、中古マンション購入で後悔

現在は、中古マンションを10年ほど前に購入して住んでいます。 個人的には、ずっと賃貸でもいいと考えていたのですが、妻が分譲で住むことを望み、現在に至っています。 もし、独身だったら、現在もずっと賃貸のまま住んでいたと思います。そんな中古マン…

麻生大臣、現金給付より商品券

昨日、オリンピックの1年延長が決まったようです。 日本国内では、新型コロナウイルス感染者は、そんなでもありませんが、世界的には、ヨーロッパ、アメリカを中心に増えています。 そういう状況を見れば、やむをえない選択でしょう。 これからアジアやアフ…

「借金に追われ何も考えられず欠勤」 堺市職員を処分

40年以上前ですが、公務員になりたてのころのことです。 同じ職場のまだ若い同僚が突然出勤してこなくなりました。 その同僚とは、あまり親しくなく、事情が分からず、先輩に聞くと、借金に追われ、出勤できないとのこと。 職場にもサラ金からの督促の電話…

タワマン購入、エリート夫婦の末路

タワマンというと昨年の台風の時の武蔵小杉のタワマンの浸水以来、あまりいいイメージがありません。 我が家の近くにも一つありますが、今は、実際にタワマンに住む人は、どのような生活を送っているのかと考えることがあります。こんな記事を読みました。 w…

「欲しい物を何でも買ってもらえた子」が歩んだ予想外の人生

子どものころを思い出すと欲しいものもそんなに買ってもらえなかった記憶があります。 時代的なものもあるかもしれないし、親がそんなに豊かではなかったせいかもしれません。 ただ結果的には、欲しいものを我慢してきたので、その後の人生には、いい影響が…

公務員の悲しき自殺

今もっとも話題のニュースは、新型コロナウイルスでしょう。 テレビを見てもこのニュースが一番取り上げられています。 少し騒ぎすぎだと感じるほどです。 もうちょっと冷静になったほうがいいような気がしています。 そんな新型コロナウイルスの関係でこん…

高卒女性、高収入男性と結婚した結果

勤めているころ、職場に大手新聞社の社員と結婚した高卒の女性がいました。 相手の収入が30歳代にも関わらず、1000万円台だと知ったときには、驚きました。 公務員には、ほぼ無理な金額です。 結局、仕事を辞めて、専業主婦になりました。 世間的に見…

新築マンションに住んでいた47歳妻が「夫が倒れた」で破産したワケ

現在は、中古の分譲マンションに居住しています。 10年ほど前に購入したものです。 それまではずっと公団の賃貸住宅に住んでいました。 個人的には、賃貸でもいいと考えていたのですが、妻の分譲がいいという意見が強く、結局負けてしまい、購入に至ったと…

43歳で無収入「子供部屋オバサン」の危険な末路

以前、法事で親せきが集まったときに、40歳代でいまだに無職で未婚の、その場にいない親戚の娘さんの話題が出たことがありました。 大学は、出たものの就職も結婚もしないまま、家事手伝いという名のもとに実家にずっといるというものです。 アルバイト程…

教員を辞めた、悲しい現実に殺到した声

通っている大学院は、高校の非常勤講師をしながら学ぶ人や卒業して教員になる学生が多いところです。 そういうこともあって、教員という職業に関する噂はいろいろと耳にします。 その一つには、なかなか年休が取りにくいというものがあります。 そんな教員の…

東京生まれとそれ以外は人生の質が違う?

そしがやは、田舎に生まれ、18歳で東京に出てきて、ずっと都内に住んでいます。 田舎に帰ろうと思ったことは、一度もありません。 それは、都会の方が生活の質が高いからです。 特にリタイアした人間には、都会の方が暮らしやすいです。 そしがやと同じ考…

「結婚しなくても幸せを実感できる」 43歳独身「ジャニオタ」女子の結婚観

リタイア系のブログをよく読んでいますが、独身の人も多いようです。 そしがや自身は、結婚していますが、独身だったら、今のリタイア生活はどうだったか考えることもあります。 結婚するしないは、人それぞれの価値観なので、何とも言えませんが、独身でも…