そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

芸能

「青天を衝け」は、なぜ飽きないのか?

大河ドラマというと毎回最初の内は、見ているのですが、途中で飽きてしまって、見なくなることがこれまでは結構ありました。 特に幕末から明治にかけてのものは、その傾向が強かったです。 今放送している「晴天を衝け」も初めは、そんな予想をしていました…

ゴールデンボンバー鬼龍院さんの貯蓄額は「2億円」

芸能人というと一時的にお金が稼ぐが、気が大きくなってか、すぐに後輩たちに大盤振る舞いをしたりして、浪費してしまい、売れなくなると困窮するというイメージがありました。 もちろん、いつまでも現役で稼いでいる人もいますが、そういう人は、例外的な存…

「2代目古畑任三郎」が到底実現しない根本的理由

先日、田村正和さんが亡くなられました。 昨日は、古畑任三郎の旧作を再放送でやっていたので、見ていました。 犯人役は鹿賀丈史でした。 古畑シリーズが放映されていたころずっと視聴するのを楽しみにしていたことを思い出しました。 再放送は、しばらく続…

アメリカ人芸人はなぜインデックス投資をするのか

芸能人で投資をしているというと何人か思い浮かびますが、個別株や不動産で投資している印象があります。 インデックス投資ではありません。 芸能人だと忙しいと思われているので、企業分析をしたり、普段から値段をチェックしていないといけない個別株や手…

大河ドラマの黄金時代

大河ドラマは、ここ数年は、最初の数回を見て、面白かったら、ずっと見続けるという形です。 今年は、渋沢栄一が主人公の『青天を衝け』ですが、最近は、ちょっと飽きてきているので、このままだと年末まで完走するのは、ちょっと難しそうです。 これまでの…

ロザンナ、70才のひとり暮らし生活を満喫「すべて自分の責任、腹の立ちようがない」

都内に住んでいると芸能人と遭遇することがまれにありますが、そしがやは、目が悪いせいか、気が付かないことがほとんどです。 先日も妻と大通り沿いに歩いていたら、「CMに出ていた誰々が車に乗っていて、今通ったよ」と妻から言われた時がありましたが、…

「視聴者の東大嫌い」を払拭した菊川怜の大功績

通っている大学院の同じ専攻に、出身学部が東大の女性がいます。 コロナ渦以前、大学院の対面授業に出ていたころは、授業の後によく話していた女性です。 東大というと世間的には、ある種のイメージがあって、エリートくさくて、ちょっと近づきがたいといっ…

追悼 筒美京平

筒美京平が亡くなって、10日ほど経ちました。 時間が経過するにつれて、彼の魅力を再認識しています。 www3.nhk.or.jp いまは、youtubeにある筒美京平の楽曲の映像を見ています。 いろいろと聞いているとその曲がはやったころが思い出されます。 一番最初の…

黒柳徹子の「10億円遺産」の行方は?

黒柳徹子というとテレビ黎明期から活躍してきた女性で現在も「徹子の部屋」というギネスブックにも載った長寿番組に出演しています。 そしがやも時々見ています。 そんな黒柳ですが、彼女の遺産についての記事を読みました。 www.msn.com 「実は黒柳さんは20…

半沢直樹が戻ってきた

普段は、ドラマは、ほとんど見ないのですが、「半沢直樹」は、楽しみにしていました。 先週の日曜日から始まり、第2話まで放映済みです。 第1シーズンから7年経って、やっと戻ってきたという感じです。第2話まで見た感想は、期待していた通り、「面白い…

巣ごもり生活で「テレビ離れ」した人たち

4月7日に緊急事態宣言が出されてからは、外出自粛になり、大学も閉鎖されてしまったので、部屋の中で巣ごもり生活をするようになりました。 一日一回買い物を兼ねて、散歩をするほかは、部屋の中で過ごすようになり、最初のころは、テレビを見る機会が増え…

5万坪8500万円で購入の64歳男性語る「無人島ロマン」

「ポツンと一軒家」という番組をよく見ます。 山奥の一軒家を近くの集落の人から情報を得て、探しに行って、そこに住む人達の生き様を探るというものです。 先週見ていたら、三重県と高知県の2世帯が紹介されていました。 三重県のケースは、母親と息子が1…

大河「麒麟がくる」6月に放送中断

新型コロナウイルスの影響で家にいることが多くなったので、テレビを見ることが多くなりました。 いまは、再放送や編集物が増えてきましたが、そんな中、楽しみにしているのが、大河ドラマ「麒麟がくる」です。 大河ドラマは、毎年かかさないわけではなく、…

林修氏が新型コロナ問題でワイドショーを批判

新型コロナウイルスの影響で、そしがやの通っている大学院の卒業式も入学式も中止になりました。 多くの大学も同じような措置を取っているようです。 ですから、去年までよく見かけた袴姿の女子学生の姿もめったに見かけません。 このままだと4月以降の授業…

「結婚しなくても幸せを実感できる」 43歳独身「ジャニオタ」女子の結婚観

リタイア系のブログをよく読んでいますが、独身の人も多いようです。 そしがや自身は、結婚していますが、独身だったら、今のリタイア生活はどうだったか考えることもあります。 結婚するしないは、人それぞれの価値観なので、何とも言えませんが、独身でも…

二宮和也、綾瀬はるかも 「芸能人の友達が少ない」事情とは

もともと友達は、少なかったのですが、リタイアしてからは、ますます少なくなりました。 勤めているころは、無理してでも付き合わなくてはいけない人間関係があったのですが、今は、そんなわずらわしくて、余計な友達関係がなくなって、ホッとしています。 …

2022年の大河ドラマは三谷幸喜氏作で北条義時が主人公

大河ドラマは、見るときと見ない時があります。 2019年の「いだてん」は、最初の数回は見ていたのですが、飽きてしまい、途中からは全く見なくなりました。 その理由は、金栗四三と田畑政治という二人の主人公の物語と五代目古今亭志ん生が語る架空の落…

沢尻エリカの逮捕は、政府の陰謀なのか

女優の沢尻エリカが逮捕されましたが、その事件に関して、安倍政権の陰謀だという発言が著名人からなされています。 元総理大臣の鳩山由紀夫もしています。 「桜を見る会」の不祥事から国民の目をそらすためのものだというのです。確かに「桜を見る会」の公…

ヒロシに見るお金との付き合い方

テレビのお笑い番組が好きでよく見ています。 ですが、いつの間にかそれまではよく出ていた芸人が姿を消してしまうことがあります。 お笑いには、旬の時があって、多くの場合、あっという間にその時期が去ってしまうようです。 そんな芸人は、それからはもう…

石田ゆり子が次々と優良物件購入、「不動産王」への道

そしがや自身は、株式の個別投資をしていますが、所有している不動産は、自分の住んでいるマンションだけです。 不動産投資も考えたことは、ありますが、投資単価が高いこともあり、長年やっている株式と比べて、不動産投資に関しての知識がないのはわかって…

年収2億円→生活保護に 孤独死した「金ピカ先生」の寂しい晩年

以前は、よくテレビで見かけていた有名人が姿を見なくなったと思っていたら、孤独死をしているのが発見されたという記事を時々見かけます。 今回の記事もそういう内容です。 headlines.yahoo.co.jp 金ピカ先生の愛称で親しまれ、80年代に予備校の英語講師…

リタイアしてからの小さなしあわせ

ユーチューブをいろいろと覗いていると、昔よく聴いていた懐かしい曲に出会うことがあります。最近、見つけたのは、この曲です。 お早うございますの帽子屋さん 谷山浩子 70年代にまだそしがやが20歳代のころによく聞いていた曲です。 すっかり忘れてい…

きのう何食べた?

テレビドラマは、あまり見ないのですが、いま唯一見ているのが、テレビ東京の「きのう何食べた?」です。 ゲイのカップルの日常を描いたものです。 www.tv-tokyo.co.jp 放送時間が金曜日の0時12分とかなり遅いので、実際は録画して、後で見ています。 登…

キングダム

昨日、キングダムを見てきました。 原作の漫画を読んでいたので、映画化されたと聞いて、さっそく見に行きました。 漫画が実写化されると原作とのイメージの違いがあって、がっかりさせられることもありますが、今回の映画は、それもなく、楽しめました。 漫…

ポツンと一軒家

そしがやが子供のころ住んでいた家の裏は、山林になっていました。 土日は、その山に入って、遊んでいました。 その山の奥に、ポツンと1軒の家があったのを思い出します。 もう50年以上前のことです。 田舎には珍しい洋風の家でいつ行っても誰も住んでい…

嵐の活動休止発表と大野智

嵐は、好きなグループでよくテレビで見ていました。 国民的グループとして多世代にわたって人気のあるグループです。 そんな嵐のびっくりするニュースが先日流れました。 news.livedoor.com アイドルグループ「嵐」が活動休止することが分かった。27日、公…

ボヘミアン・ラプソディ

「ボヘミアン・ラプソディ」を見てきました。 クイーンのリードボーカリストだったフレディー・マーキュリーを中心として、描いた映画です。 クイーンは、リアルタイムで聴いていましたが、そんなに熱心なリスナーではありませんでした。 ただいくつかの曲は…

マツコ「人付き合いはないほうがいい。他者がいるから人は苦労する」

勤めているころに一番ストレスを感じていたのは、人間関係でした。 そんな煩わしい人間関係がなければ、どれだけ気持ちが楽になるか、といつも思っていました。そういうこともあって、ほとんどの同僚が60歳以降も再雇用という形で仕事を選択するなかで、完…

久しぶりに有名人を見かけた

そしがやは、近眼のせいか、街で有名人に気が付かないことが多いです。 半面、妻は、結構有名人と遭遇しているようです。 その例を挙げると、何年か前に目黒に行ったときに、工藤静香と二人の娘に出くわしたそうです。 三人で普通に道路を歩いていたようです…

桐谷さん、44歳年下美人と失恋していた

将棋7段で投資家の桐谷さんのテレビ番組は、よく見ています。 昨夜も「月曜から夜ふかし」のスペシャル番組で取り上げられていました。 半年振りの登場です。 今回は、いつものごみ屋敷のような部屋の状況や自転車で疾走するといったいつものシーン以外に2…