そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

その他

日本は、庶民だけが苦しむ国なのか

勤めているころ、よく日本は、庶民が苦しむ国だという人がいました。 金持ちだけが優遇されているというのです。 労働組合活動をしている人でしたが、そしがやは、そうは思いませんでした。 これって、メディアにもよく同じような意見が載るし、選挙になると…

簡単に断れない"職質"された時の賢い対応

日本は、治安が良いと言われています。 確かにそのとおりでしょう。 それは、日本の警察官の優秀さも寄与していると思います。 ですから、過去に何度か、職務質問を受けたことがありますが、協力してきました。 ですが、職務質問は、法律上は、任意だから断…

宝くじに当たった! 13組はその後どうなった?

宝くじに当たった人の記事というのは、よく読みますが、だいたい悲惨な末路のものが多いようです。 親族間の争いになったりとか、一年後には、全部使い果たしてしまったとか、です。 中には、殺人事件になったものもあります。 ですが、実際には、宝くじで大…

地方在住サラリーマンが陥る2大ムダ遣いに注意

田舎にときどき帰ることがあります。 かつては人通りもかなりあった商店街も人影が少なくなりました。 シャッターが閉まったままの店も多くなりました。 ですが、そんな中、比較的人が入っているのが、パチンコ屋です。 ガラス越しに外から見るとかなり人が…

お金がないときにお金をかけないで過ごす方法

リタイアしてからは、主な収入が年金だけになってしまいました。 他の収入はといえば、アフィリエイトとモニターくらいですが、1万円ほどと僅かです。 それで、できるだけお金をかけないで過ごすようにしています。 しかし、これがなかなか難しい。 大学が…

47歳シェアハウス在住。貯金4000万。早期リタイヤ希望

勤めているころに同じ職場にシェアハウスに住んでいるという女性の新入職員がいました。 シェアハウスというのが、世間的に認知されはじめたころで目新しく感じました。 いつも読んでいるマネープランクリニックですが、そんなシェアハウスに住んでいる女性…

賃貸のデメリット 入居拒否される現実

賃貸か持ち家かというのは、ネット上でもよく議論になるテーマです。 置かれた人の状況によって、違うので、一概にどちらが正解とも言えないと思います。 賃貸のメリットは、住み替えが容易だということです。 自分の環境の変化に応じて、住む場所を変えられ…

ユヅに会いたい妻、戸惑う夫

平昌オリンピックが終わりましたが、まだその余韻が残っているようです。 書店へ行くとオリンピックを特集した雑誌等が目に入ります。 テレビでもまだそのニュースが、話題を賑わしています。 その中でも羽生結弦のニュースが一番大きいです。 国民栄誉賞の…

仕事やめたい40歳 遺産1億円で人生逃げ切れる?

仕事をやめたいと思い始めたのは、50歳代になってからです。 55歳くらいでリタイアすることを考えていました。 ですが、その時までの資産等を計算するとやはり厳しいと思い直して、結局、定年まで勤めることになりました。 40歳代のころは、仕事そのも…

借金を隠して結婚する人間は救いようがない

だいぶ前の話ですが、結婚するときに妻は仕事をしていました。 それなりの収入があると思っていました。 ですが、いざ結婚してみると妻の仕事は、自営業で利益が出ず、実際は収入は、ほとんどありませんでした。 意外な感じがしました。 でも借金がなかった…

年収1000万円超を捨てて独立した男の末路

そしがやの同僚で途中で仕事をやめた人は何人かいます。 一番多いのは、自分の故郷の役所へ入ったという人です。 これは、みな20歳代の人たちでした。 この人達は、その後も、地元で役所勤めを続けているようです。 また、自分で仕事を始めたという人もい…

「どうせ長生きしないから…」年金の繰上げ受給は得なの!?

そしがやは、年金に関しては、繰り上げ支給を利用していません。 この制度は、本来の年金受給年齢の65歳より早い年齢で受け取るというものです。 その代わりに年金額が減額されてしまいます。 その減額された額でずっと行きます。 一旦選択すると後での変…

宝くじで1億4000万円に当たった男性 当選クジを紛失してしまい、銃で自殺

宝くじに関しては、何度か記事にしています。 ほとんど税金のようなものだから、購入しないというのが、そしがやの信条です。 それに万が一、当選しても不幸になる例がほとんどで、良いことがまったくないと思っています。 ネット上には、宝くじの当選者の不…

幸福度世界1位のデンマークより、日本のほうが恵まれている

巷には、北欧が理想的な国だという説が溢れています。 社会福祉も充実しているし、女性の社会進出も進み、貧富の差も少なく、日本が目指すべき国だとするものです。 いくつか本も読んだことがありますし、ネット上の記事も見てもいます。 その中でもデンマー…

久しぶりに会った友人の老け方にびっくり

先日、用があって、以前住んでいた所まで出かけました。 用事が済んで、バスに乗り、駅へ向かいました。 その時、途中のバス停から乗り込んできた男性から声を掛けられました。 一瞬、誰だかわかりませんでしたが、以前勤めていた職場の友人でした。 彼もそ…

「夢のお金」はどこにもない、仮想通貨の矛盾

コインチェックという仮想通貨を扱う会社から460億円が流失してから、仮想通貨の記事がネット上でもかなり載るようになりました。 流失したのは、「NEM(ネム)」という仮想通貨でしたが、よく目にするのは、ビットコインというものです。 いろいろな…

「いい人ほど貧しい」救いのない現実

勤めていたころ、職場には、いい人がいました。 いい人というのは、自分に謙虚な人です。能力があっても自分の能力をアピールしない人です。 日本の社会では、そういう人がいい人だと思われるようです。 ですが、そういういい人というのは、必ずしも社会の中…

日本を捨てアジアに潜む自称「貴族」の老人たち

海外でリタイア生活を送る人のブログをよく読んでいます。 マレーシアやタイが多いですが、ほとんどの人が余裕のある優雅な生活を楽しんでいるようで、羨ましくなります。 ですが、中には、かならずしもそうではない人たちもいるようです。 ブログではないの…

65歳で貯蓄420万円 独身女性に迫り来る老後破綻

ある年齢を過ぎて、貯金が少ないとこれからの老後がどうなるか、心配になるものです。 特に女性で独身の場合だとなおさらでしょう。 こんな記事を読みました。 style.nikkei.com 老人介護施設で介護補助員として働く女性のSさん(65)は夫と15年ほど前に離婚…

小柄な高齢者だらけの国、日本

ネット上の記事を読んでいると、外国人からの日本礼賛のものが結構あります。 中国人のものが多いです。 よく言われるのは、街がきれいだとか、人が親切とかです。 読んでいると最初は、誇らしくなりますが、その次には、日本って、そんなにいい国かなという…

日本の高齢者は、なぜこうも「不機嫌」なのか

子供のころは、年をとると性格が丸くなるとよく言われたものです。 そしがやもそう思っていました。 ですが、このごろは、必ずしもそうでもないようで、いろいろなニュースを見るとキレる高齢者のことがよく載ります。 また身近にもそういった高齢者を見かけ…

借金まみれ、38歳主婦の厳しい未来

今まで借金と言えば、大学のときの奨学金しかありません。 大学を卒業後、10年かけて、返しました。 その後は、借金とは縁遠い生活をしてきたつもりです。 収入の範囲内で生活するというライフスタイルを守ってきました。 ですが、借金がないと生活できず…

「鹿児島県が振り込め詐欺被害が少ない理由」が納得できる

そしがやも60歳を超えたので、兄弟や親戚もそれなりの年齢になっています。 年末から正月にかけて、法事の関係で田舎の親戚から電話がいくつかあったのですが、そんなときにある親戚から振り込め詐欺の電話があったという話を聞きました。 新聞等ではよく…

子が自立しない、老後崩壊するケース

年も開けて、3日目になりました。 穏やかな正月で、部屋でのんびり過ごしています。 昨日は、近くの神社へ初詣に行き、帰りには、開いていた飲食店で外食をして、家に戻りました。 正月は、親戚の家を訪問したりすることはないのですが、昨日たまたま親戚の…

「専業主婦は約2憶円の損」って言われたので、本当のところどうなのか

以前、橘玲の「専業主婦は約2億円の損」という本のことを記事にしました。 仕事をしないで専業主婦だと約2億円の損だという内容のものです。 そんな本に対して、専業主婦からの反論の記事を読みました。 www.msn.com 女性正社員の平均年収574万円って、ち…

無職の息子に月30万円 母の末路

働かない息子にお金を与えてしまう記事というのは、よく見かけます。 もうかなりの年齢になっても親は、そんな息子が心配で要求されるがままにお金を与え続けるようです。 こんな記事がありました。 www.msn.com 高校卒業後、働いたのは数日だけという48歳の…

「人付き合いが苦手すぎて苦痛」との投稿に、共感の声や方法論の助言が殺到

学生時代から人との付き合いが苦手でした。 勤めてからは、嫌だとは言っても付き合わざるを得ない場面が多くなるので、苦手ながらも努力して、人に話を合わせるようにしてきました。 リタイアした今は、無理をして、人付き合いする必要がないので、本当にラ…

賃貸やめて家買った人 後悔したこと

7年ほど前に現在のマンションを購入しました。 その前までは、公団の団地に住んでいました。 そしがやとしては、ずっとそのままでよかったのですが、妻の希望で現在のマンションを購入することになりました。 その理由としては、住んでいた団地が駅から遠か…

借金を頼まれたら3秒以内に断るべし!

勤めだした20歳代のころ、友人から借金を申し込まれたことがありました。 人間関係を崩してはいけないとしばらく悩みました。 貸した以上戻ってくる可能性は少ないとは予想してはいたのですが、すぐには断れなかったのです。 かなり苦悶し、貸しましたが、…

早死より19倍も怖い「死なない」リスク

日本は、世界的に見ても長生きの国です。 平均寿命の表によるといつも男女ともトップの方にランクされています。 ですが、生命保険の加入率を見るとこれも世界的には、高い方の国のようです。 そしがやは、民間の保険は、一切入っていません。 これは今まで…