読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

ターザンを見た

f:id:sosigayax:20160812093329p:plain

 

ターザンというと子供のころ、テレビで見た記憶があります。

50年近く前だから白黒で上半身裸でジャングルの中で、ア~ア~と叫びながら、枝から枝へと飛び移るシーンを思い出します。

どんなストーリーだったかは、よく覚えていませんが、チンパンジーといっしょにいたシーンが記憶にあります。

 

そんなターザンですが、他のスーパーマンバットマンといったアメリカのヒーローたちが何度も映画化されているのに、ここ最近は、ずっと映画化されてきませんでした。

久しぶりにターザンを見たくて、映画館へ行きました。

 

ストーリーは、アフリカから本国のイギリスに帰ったターザンが、妻を助けに生まれ育ったアフリカのコンゴに戻ります。

ベルギー領のコンゴでは、ベルギー国王レオポルド2世の部下による過酷な支配が続いているというものです。

その部下たちとの闘いが繰り広げられます。

 

エンターテインメントとしては、お約束の見事な上半身裸を見ることができるし、枝から枝へ飛び移ったり、兄弟のように育ったゴリラと戦うシーンなどもあり、楽しめます。

 

ですが、一番、興味深かったのは、ターザンが英国貴族だったという設定です。

テレビを見ているころは、気が付きませんでした。

いろいろなヒーローは、もとは身分の高い貴族だったり、お金持ちだったという設定は、昔からよくあるものです。
例えば、バットマンやアイアンマンは、本当は、大富豪です。

ヒーローの素顔が身分が高かったり、お金持ちというのは、何か大衆にアピールするものがあるようです。

自分は、今はこんな貧しい立場だが、本当は、王侯貴族や大金持ちという出自は、大衆の夢を象徴しているのかもしれません。

 

それにしてもゴリラと会話ができたり、動物たちの協力を求めて、敵を打ち破るというのは、ちょっとありえないものですが、娯楽作品としては、結構楽しめるものでした。

 

関連記事

 

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

 

 

sosigayax.hatenablog.com