読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

32歳、貯金500万。住宅購入で6700万円のローン。今後が不安

そしがやは、リタイアしたときには、住宅ローン等はありませんでした。

もしあったら、その借り入れの支払いが終わるまで働かないといけなかったでしょう。

ローンという選択をしなかったことはよかったと考えています。

 

ですが、現実には、住宅ローン等が60歳を過ぎても終わらない人も多いと思います。

今回のマネープランクリニックですが、32歳で30年ローンで住宅を購入するという夫婦です。

62歳でローンが終わることになります。

 

www.msn.com

その相談内容ですが、

■相談内容
住宅購入後、きちんと教育費の貯蓄、老後の貯蓄ができるか不安です。主人は単身赴任のため、その費用もかさみます。住宅ローンの額が大きいので、返していけるかも不安です。私は、フルタイム勤務に戻れば収入はアップします。

 

相談者は、32歳のももさんという女性です。

収入は、夫婦2人で約68万円ほどです。

ですが、ローンを始めると支出が69万円ほどになります。

家族は、単身赴任中の夫と4歳と1歳の子供です。

貯金は、500万円です。

 

この相談を読んだときに思ったのは、かなりの収入があったのに、なぜ貯金が500万円しかなかったのかという点です。

その結果、住宅ローンの頭金は350万円だけで、6700万円という多額の借り入れになったと想像されます。

ちょっと怖いくらいの金額です。

 

FPのアドバイスですが、

 

アドバイス1 マネープランがボーナス依存の危うさ
アドバイス2 保険の為替リスクはやはり不安
アドバイス3 貯蓄が増えれば有利な選択肢が増える

アドバイス1 マネープランがボーナス依存の危うさ

まず、夫婦とも十分な収入があるにもかかわらず、住宅購入の頭金や諸費用が支払済としても、現時点での貯蓄が少ないのが気になります。上記の収支データは住宅購入後を想定したものですが、それ以前もずっと赤字家計だったのでしょうか。そうだとすれば、家計データに上がっていない支出がまだあるのかもしれません。あるいは、不定期な大きな支出が毎年発生しているのか。ここはかなり大事な部分ですから(本人が認識していなのならなおさら)、年間の支出をもう一度再確認してみることは必要でしょう。

 

FPも同じように貯蓄額の少ないことが気になるようです。

それにアドバイス3でもFPが述べているように貯蓄額が増えれば、選択肢が増えることは間違いないです。
これからは、ローンだけでなく、まだ幼い子供の教育資金が増えることも確かなのですから。


ももさんは、住宅ローンの返済ができるかどうか不安なようです。

住宅を購入をすることは決めてしまったようですが、やめることができるものならやめたいところです。

ある程度貯蓄が溜まったところで住宅購入は考えたいですね。

そしがやだったら、そうします。

 

関連記事

 

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com