読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

45歳主婦、リボ払い分100万円の借金返済が厳しい

クレジットカードを利用するときに、一括払いにしますか、リボ払いにしますかとよく聞かれます。

無論、一括払いにしています。

利息が上乗せされ、結局は損だとわかっているからです。

それにリボ払いは、あとで苦労することがわかっているし、クレジット会社に手数料で儲けさせたくないということもあります。

 

ですが、実際は、そうでもない人もいるようです。

今回読んだマネープランクリニックのケースは、次のようなものです。

 

www.msn.com


■相談内容
子どもの学費捻出のため、クレジットのリボ払いを利用したのがきっかけで、以後ずっとリボ払いが続いています。現在、残高は100万円ほど。リボ払いの支払いが毎月10万~15万円くらいあるため、新たにクレジットを利用してもリボ払いにせざるを得ないといった状況のため、生活に余裕もなく、残高もなかなか減りません。どのように改善していけばいいでしょうか。

リボ払い漬けになってしまった45歳の主婦の相談です。

この状態から抜け出すのは、ちょっと大変そうです。
この相談に対するFPのアドバイスは、以下の3つです。

アドバイス1 リボ払いの残額はいち早く全額返済する
アドバイス2 住宅ローンのボーナス払い分の減額を
アドバイス3 家計支出をもう一度見直そう

 

この中でも一番大事なのは、アドバイス1です。

 

リボ払いの手数料は、各社ともほぼ年利15%です。どういう設定でのリボ払いかがわかりませんが、絶えず複数のリボ払いがあるということですから、毎月10万~15万円の返済のうち1万5000円~2万円は利息だと思われます。年間にすると20万円前後。加藤さんの2ヵ月分の収入が、丸々コストで消えているわけです。

解決法はひとつしかありません。すぐに全額返済をすることです。100万円でしたら、貯蓄から出せない額ではありません。貯蓄が減っても、1年後にはご主人のボーナスでほぼ穴埋めできるはず。毎月、高額の手数料が取られるわけですから、すぐに払ってしまいましょう。

 

年間20万円がコストで消えているというのは、クレジット会社にとっては、おいしいお客ですね。

FPが提案するようにまずは、全額返済することでしょう。

これは、そしがやも同感です。

毎月2万円近くが利息だというのは、本当にもったいないです。
それにリボ癖がついてしまったようですから、FPが言うようにクレジットカードそのものを使わないことも必要ですね。

 

関連記事

 

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com