読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

年収1500万円の公務員夫婦は、上流か?

以前、公務員の階層意識は「上流」? - そしがやのリタイア日記

という記事を書きました。

週刊誌のアエラの記事に影響されて書いたものでした。

公務員の意識が上流化されているという内容でしたが、そしがや自身は、中の上くらいの意識だというものでした。

 

その記事に対するコメントで元教員(公務員)のキムキムさんのものがあり、夫婦で公務員だとみな派手な暮らしをしているので、中流と言ったら怒られるというものでした。
キムキムさん自身も共稼ぎで夫婦で1500万円くらいの年収があったそうです。
そしがや自身は、妻が専業主婦で、自分だけ働いていたので、共稼ぎ夫婦の収入の半分で、上流と言う意識は、ほとんどありませんでした。

前の記事で書いたように中の上くらいの意識でした。

 

ですが、よく考えれば、二人で働いていれば、50歳代で、1500万円から1600万円くらいの収入は、みなあります。

これは役職者にならなくてもこれだけの収入になります。

普通に考えたら、かなりの収入です。

上流に属するでしょう。

大企業でもこれだけの収入の人は中々いないでしょう。

 

いっしょに仕事をしている同僚たちは、職場結婚が多く、ほとんど共稼ぎでした。

みな普通の暮らしをしていたように見えていたので、勤めているころは、ほかの共稼ぎの同僚が、上流とはとても思えなかったです。

 

上流というともっと派手な生活をするイメージがありました。

高級スーツを着て、別荘があったり、年中海外旅行に行ったりといったものです。

 

でも彼らは、共稼ぎで、そしがやの倍の収入があったのです。

そしがやは、自分が一馬力ということをすっかり忘れて、共稼ぎの同僚たちも同じような生活だと推測していました。

 

よく考えれば、上流に属する収入ですね。
ですから前回の記事を訂正しなくてはならないです。

共稼ぎの年収1500万円の公務員夫婦は、上流だと。

 

関連記事

 

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com