読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

予定を守らない 「行けたら行く」という自由

PHA(ファ)の「しないことリスト」という本を読みました。

PHAは、有名なブロッガーで何冊か本も出している人です。

以前読んだ本が面白かったので、また手に取ってみました。

ブロッガーから本を出した人というと、ちきりんを思い浮かべますが、そしがやは、ちきりんほどPHAのブログは見ていません。

数度覗いたことがある程度です。

だからちきりんとは違って、本でしか知らない人です。

 

 

 

さて、この本も内容ですが、世の中には、何にしろ、「しなくちゃいけない」という呪縛があり、それを解かなくてはいけないと述べています。


1 他人や世間の評価で行動を決めるのではなく、自分なりの価値感を持つこと
2 他人や世間のペースに無理に付いていこうとせず、自分なりのペースを把握する

  こと

という2つのポイントがそのためには大事だと書いています。

もっとなことです。

そのポイントを押さえた上で、36個の「しないことリスト」が書かれています。

 

その中では、共感できるものもそうでないものもありましたが、一番印象に残ったものをあげてみます。

 

「自分のせいにしないリスト」の中にあった「予定を守らない 行けたら行くという自由」です。
社会に出て、生活してみると、一番大事なことの一つには、予定を守るということがあります。

特に仕事をしているとその大切さは、痛感します。

ですが、一方では、予定に縛られてしまい、自分がつらくなる時もあります。

 

それはプライベートな人間関係でも言えます。

友達に誘われて、飲み会に行く予定を入れたが、急に行く気がしなくなった。

だが、約束した以上行かざるを得ない。

なんていう経験は誰にでもあるでしょう。

 

今までそしがやは、そんな場合でも予定は守ってきた方です。

でも、それって、本当の自分の気持ちかな、とも感じていました。

 

PHAは、「行けたら行くよ」と言って、わりと行かないようです。

人付き合いの面でも、周りの人たちに「予定をあまり守らない人」と思われてた方がラクだ、とPHAは、言っています。

なんだか、今までのそしがやは約束していたら、ほとんど行っていたので、ちょっと意外なフレーズでした。

 

こんな生き方ができれば、自分はもっとラクに生きることができそうです。

ですが、約束した予定は、守らなくちゃいけないという呪縛があるそしがやには、なかなかできそうにないのも確かです。

 

関連記事

 

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com