読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

言ってはいけない 残酷すぎる真実

橘玲の本は、いつも面白く読んでいます。

今回も図書館で予約した順番が来たので、さっそくページを開きました。

「言ってはいけない 残酷すぎる真実」です。

 

 

不愉快な本だから、気分よく一日を終わりたい人は、読むのを止めた方がいいと、まえがきに書いてありましたが、別にそんなことは、ありません。

ちょっとした雑学の本といった感じです。

 

いくつかのエピソードは、面白いものがありましたが、一番印象に残ったのは、美醜の話です。

世間的には、美人の方が得だと思われています。

この本によると、美人とブスの経済格差は生涯で約3600万円になるそうです。

3600万円が少ないか多いかは、人によって評価は、変わってくるでしょう。

そしがやは、もっと大きいような気がします。

就職のときも結婚のときも有利だし。美人でないとつけない仕事もあるでしょうし。
経済学では美人は8%のプレミアムを享受し、ブスは4%のペナルティを支払っていると考えるそうです。

でも、これって、みなわかっていたことです。

だから女性は、お化粧をして、減量に苦労し、美容整形に走る人もいるんでしょう。

 

ですが、ちょっと意外だったのは、男性の場合です。
不細工な男は平均的な男に比べて13%も収入が少なく、醜さへのペナルティは女性の3倍以上にもなるそうです。
こんなにも違うものでしょうか。

収入の少ない理由としては、その暴力性だといいます。

一部の容姿のきわめて醜い若者は、犯罪に手を染める割合が高いようです。

それで雇用主は、その暴力性を見抜いてしまうようです。

外見の暴力的な若者は、就職で真っ先に排除されてしまうといいます。

その暴力性には、男性ホルモンのテストステロンが影響するとのことです。

そのテストステロンが持つ威圧的、暴力的な雰囲気というを察知し、警戒するというものです。
確かに見た目、危なそうな顔って、一瞬でわかりますね。

 

他にも興味深いエピソードがありましたが、著者が言うほど不愉快ではありません。

夜に読んだのですが、その後もぐっすり眠れました(笑)

 

関連記事

 

sosigayax.hatenablog.com

 

 

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com