読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

金持ちになりたければ全力でリスク取ろうぜ!

毎日読んでいるブログにittinさんのブログがあります。

その中に、面白い記事があったので、取り上げてみたいと思います。

「金持ちになりたければ全力でリスク取ろうぜ!」というネタです。

内容は、ツイッターに載っていた記事に対するコメント記事です。
元ネタはというと、

「投資元本100万しかない貧乏人が金持ちになりたければリスクを取りましょう。分散投資を考えるのは1000万超えてから。玉砕覚悟で資産10倍、20倍増を狙う姿勢が大切です。元手が無くなったらまた貯めて出直せばいいのです」

インパクトある記事です。

「玉砕覚悟」とか「元手が無くなったらまた貯めて出直せばいいのです」なんていうフレーズを読むとどこかで目にしたことがあるような、ものですね。
何となく胡散くさい感じがいいです(笑)。

 

さて ittinさんのコメントですが、

◆元手がなくなったらまた貯めて出直せばいいのです

さらりと言ってるこの言葉の破壊力よ。

「失っても100万円なんてまた貯められる」メンタル持ってるなら1000万円貯めるのなんて簡単じゃないですか。
減らない100万円を10回貯めればいいのです。
そうすればノーリスクで、確実に1000万達成です。

あっ終わっちゃった…

でも、「投機的な投資でずっと勝ち続ける」のって、強風吹きすさぶ屋上で羽根のように軽いドミノを根気よく並べてるようなものだと思うんですよね。
精神削りながらリスクと戦って並べたドミノが、ある時自分の関与しない要因でふわっと風に吹かれてコツンと倒れる。
でも、ドミノが倒れた責任は全て自分が負って、また最初から並べ直すのは自分。
100万円分のドミノは、また自分で調達するしかありません。

 

ittinさんがいうように、「元手がなくなったらまた貯めて出直せばいいのです」なんてそんなに簡単ではないですよね。

元手をためるのが大変なんですよ。

元手の100万円をためられるのなら、10回貯めれば、1000万円になります。

わざわざリスクをとる必要なんてありません。

正論です。

でもこんな胡散くさい言葉にだまされる人がいかに多いことか。

 

◆自分に必要な額が、必要な時にあれば良いのではないか

これは私個人の考え方なので一般論とは異なります。

それだけのリスクを取ってまで目指す1000万円、1億円を、何に使うのでしょうか。
資産を増やすことは人生の機会や選択肢を増やすことに繋がるので、資産形成を考えることは重要だと思う。
しかし、自分の人生のお金において重要なのは、「いくら貯めるか」ではなく、「何に使うか」を考えて備えていくことなのだと思います。
(実際に必要になるかどうかは別として)

 

この部分が一番共感しますね。

日々の生活に必要なもの以上をリスクを取ってまで稼いでどうするのでしょう。
「いくら貯めるか」ではなく、「何に使うか」というのは、まったくその通りだと思います。

これは、価値観の問題だから、人によっては、「いくら貯めるか」ということに価値を置いている人もいるでしょう。

そういう人を否定はしませんが、そしがやは、「何に使うか」を大事にしたいです。