読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

タカラヅカとAKB48は似ている?

芸能

週刊ダイアモンドを読んでいたら、最新号は、タカラヅカの特集でした。

宝塚歌劇団の創業者の小林一三のひ孫にあたる、宝塚歌劇団の重役の方がタカラヅカについてインタービューを受けていました。
その中で、インタービュアーがAKB48は、タカラヅカの影響を受けていますね、という質問をしていました。

 

この質問を読んで、AKB48とタカラヅカが似ていると思っている人は、そしがやだけではなく、他にもいるんだと何か安心しましたね。
この二つは、ずっと似ていると思っていて、気になっていたのです。

 

どんなところかというと、

具体的には、

 

タカラヅカには、トップスターという仕組みがあります。

劇団員の頂点に立つスターで、いつも踊りや歌の中心にいます。

無論、人気も一番です。 

一方、AKB48には、センターがいます。

楽曲のメインボーカリストでステージの中心にいます。
ですが、そんなトップスターやセンターも固定されたものではありません。
トップスターは、数年で退団し、別の団員に変わります。
またセンターは、総選挙で決まりますが、今まで2年続けて1位になったメンバーはいません。

人気のあるメンバーでも、卒業があります。

タカラヅカの退団に似ています。

 

またタカラヅカはいくつかの組があります。

今現在は、5つの組で、それぞれにトップスターがいます。

時々各組の中で団員の入れ替えがあるようです。 

これは、この記事を読んで初めて知りました。

 

AKB48には、地方に姉妹グループがあります。

国内に4つ、海外に2つです。

タカラヅカと同じように、メンバーの入れ替えがあります。

 

タカラヅカ宝塚音楽学校があり、AKB48には、研修生がいます。

それぞれその中から選抜され、ステージに立ちます。

 

何か似ていると思いませんか。

AKB48が参考にしたんでしょうけど、そのキモは、うまく新陳代謝を図るということでしょう。

どんな人気グループでも長年同じメンバーだとよどんでくるということは、二つの組織の創設者は、見抜いていたんでしょうね。

ファンからすると好きだったメンバーがいなくなるのは、さびしいですが、ソロになっても応援はできるものです。

 

タカラヅカは、1914年以来の歴史があります。

100年以上です。

阪急電鉄のバックアップがあったとはいえ、すごいものです。

AKB48も100年以上続くのでしょうか。

まさかと思いますが、秋元康は、それを狙っているかもしれないですね。