読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

頭痛日記で頭痛は、治る?

健康

先日、久しぶりに頭痛が出てきた。
昼食後に急に頭痛になった。
頭が全体的に重くなる頭痛である。
風邪を引いたときの頭の重さに近い。
と言って、咳も熱もないから、風邪ではないとは、思ったが、念のためにいつも飲んでいる風邪薬を飲んだ。
すこし横になって、頭痛が治まったら、午後からの大学の授業に行こうと思っていたが、一向に納まる様子がない。
結局、授業は休んでしまった。


そしがやは、一ヶ月に一度くらいこのように頭痛になる。
二つのパターンがあって、一つは今回のように全体的に頭が重くなり、痛むパターンである。
もう一つは、後頭部がズキズキと痛むものである。特に左後頭部が痛むことが多い。

痛みのレベルは、両方とも5段階だと2から3くらいだろうか。
痛くて耐えられないというほどではない。
仕事をしているころは、別に仕事を休むこともなく、職場に行っていた。
テレビ等で頭痛で苦しむ人の番組を見るが、その人たちのように毎日のように5レベルの耐え難いレベルの頭痛の襲ってくるというものではないので、医者に行くほどではない、とそしがやは思っている。

 

だが、毎月定期的に襲ってくるので、頭痛の記録をつけている。
テレビで医師が頭痛日記をつけるといいと言っていたのを見て、つけ始めたのだ。
頭痛になるときの傾向がわかるので、対策が立てやすいというものである。
だが、そしがやの場合は、いまのところ傾向はわからない。
ほぼ1か月に1回程度頭痛に予告もなく、1日ないし2日間襲われるということだけである。
専門の医師が見ると傾向がわかるのかもしれないが。

 

頭痛日記といっているが、手帳に、単に痛みの種類とレベルと時間を書いておくだけである。
いまのところ、やはり月に1回程度なので、大したことはないと思っている。

友人に頭痛のことを話すことがあるが、みな頭痛を持っているようだ。
だから自分だけ大変な思いをしているようでないようである。

友人たちからは、なんでそんなに頭痛のことを大げさに話すんだという顔をされることが多いので、最近はあまり話さなくなっている。

だから、このまま頭痛と共存していくしかないのかな。