読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

旅行中は、ネット断食状態で、気が付いた3つのこと

前回の記事でも書いたように、昨日まで山形県の温泉に旅行していました。

銀山温泉と上山温泉です。

それぞれ1泊と2泊しました。

涼しいかと思いましたが、東京と変わらず暑かったですね。

 

さて旅行中は、中2日間は、まったくネットにアクセスできない状態でした。

ガラケーしかないし、泊まった旅館は、二箇所ともネットにアクセスできる状態ではなかったのです。

それでも今までは、2か月間毎日更新していたので、ブログのことが気にはなっていました。
これって、まさに「ネット断食」状態だったわけです。
ここ2か月は、毎日ブログを更新し、ネットで他のブログを見たり、ヤフーやmsnのニュースを見ていたので、このネット断食状態は、大げさに言えば、今までとは、ちょっと違う精神状態でした。
そんな中、気が付いたことを書いてみたいと思います。

 

1 ネットでは、ローカルなニュースにアクセスすることはほとんどない 
 ネットにアクセスしない代わりに、旅館の部屋でテレビを見たり、ロビーにある新聞を読んで、情報を得ていました。

山形県の旅館ということもあって、テレビも新聞もローカルなニュースが多かったです。

例えば、天童市で中学生の将棋大会があったとか。

ネットでは、ローカルなニュースが流れないということに気づきました。

無論、特定の地方名を入れて、検索サイトにアクセスすれば、別なんでしょうが。

普通にネットでニュースやブログを読んでいる限りは、ローカルなニュースって、ほとんど見ることはないことに、気が付きました。

 

2 普段は、思った以上にネットに時間を使っていた
 ネットにアクセスしないので、旅館にいるときは、もっぱらテレビを見たり、持っていった本を読んでいました。

本がよく読めました。

無論、地方の温泉旅館なので、それしかすることはなかったということもありました。東京の自宅にいるときは、ブログを書くのと他の人のブログやニュースを見るのに2時間以上使っていました。

よく考えると結構大きな時間でしたね。

 

3 結局、ネットがなくても何の影響がなかった
 旅行前は、今までの2か月の状態を考えると、禁断症状が出るかなって、冗談半分に思っていました。

でも、実質、アクセスできないのは、実質2日間ということもあって、なんということはありませんでした。

ブログのアクセスはどうなっているかな、っていうことがすこし気になったくらいです。

ただもう少し長期のネット断食状態が続いたらどうなったかは、わかりませんが。

でも、この感じだと、ネットはなくてもどうっていうことはないという気がしました。

 

ネット断食状態の旅行期間中に気が付いたことを挙げてみたが、ネットにアクセスできないというのも、旅行のひとつの醍醐味ではないか。

旅行の魅力は、非日常性です。

ネット付け状態の人間には、たまには、こういう断食状態も必要かなって、感じました。