そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

息子の新居に、老後資金800万円を使ったのちに「ATM扱い」をされた夫婦の悲劇

そしがやには、子どもはいませんが、子どもや孫に結構お金を使っている友人がいます。 友人自身は、普段節約していて、そんなに使わないのに、子どもや孫の費用に関しては、財布の紐が緩くなるようです。 最初は、そういう風に子どもや孫にお金を使うのがう…

「銀行VIPルーム」という密室恐怖

リタイアした時の退職金は、各銀行の退職者向けの定期預金で運用しました。 退職者限定の比較的高金利のものです。 3か月程度の期間限定のものが多かったので、3か月ごとに銀行を変えていました。 ただこの退職者向けの定期預金も退職後2年程度で終わり、そ…

57歳貯金900万円。賃貸住宅のまま老後を迎えるのが不安

現在は、分譲住宅に居住していますが、以前は、公団住宅に住んでいました。 その時の家賃は、4万円くらいだったように記憶しています。 公団住宅は、ずっと住むことができるので、そのままでもいいと考えていたのですが、妻が分譲にしたいということで現在…

「2代目古畑任三郎」が到底実現しない根本的理由

先日、田村正和さんが亡くなられました。 昨日は、古畑任三郎の旧作を再放送でやっていたので、見ていました。 犯人役は鹿賀丈史でした。 古畑シリーズが放映されていたころずっと視聴するのを楽しみにしていたことを思い出しました。 再放送は、しばらく続…

「年間370万円稼ぐ人は世界の上位1%に入る」先進国の恵まれた現実

年収370万円というと日本では、低所得者の分類に入るかもしれません。 そしがやの場合は、現在は、年金収入だけなので、年収は、370万円以下です。 ただ、自分のマンションに住んでいて、家賃を払う必要もないし、子供もいなくて、夫婦だけなので、十…

オリンピックのボランティアを辞退した

リタイアしてからずっと東京都の観光ボランティアをしてきました。 都庁の展望台で外国から来た観光客へ案内をするというものです。 展望台から見える景色の説明だけでなく、都内の観光案内もしていました。 そんな中、2020年の東京オリンピックのボラン…

他人の悪口を言える先輩がうらやましかった

仕事をし始めたころに、人の悪口をよく言う先輩がいました。 10歳ほど年長のAさんです。 その場にいない別の同僚や上司の悪口を言いまくるのです。 そしがやがまだ20歳代のころでした。 そのAさんの会話の中身といったら、7割方が他人の悪口で、残りが…

32億円貯めて節税のためにシンガポールに移住してみたら

シンガポールには、何度か行ったことがあります。 街もきれいだし、インフラも整っていて、住んでみたいと思ったものです。 ですが、55歳ころに海外でリタイア生活をしたいと考え、シンガポールも候補の一つとして、検討したことがありますが、ただ物価が…

リタイア後の日課である散歩で気づいたこと

リタイアして6年経ちますが、毎日していることに散歩があります。 天気が悪い日以外は、毎日しています。 今は、大学院もズームになっていて、ほぼ通学していないので、この散歩が唯一の貴重な運動になっています。 ルートは、毎日変えていますが、一番多い…

100万円で親子の縁切る「代行サービス」が人気の背景

そしがやの場合は、両親はもうすでに二人とも亡くなっていますが、生前は、そんなに仲は悪くなかったと思います。 普通に年数回は、帰省していましたし、一緒に旅行に行ったこともあります。 ただ、世の中には、そうでもないケースもあります。 大学時代の友…

コロナワクチン接種の予約をしてみたら、大変だった!

初めに 10日ほど前に地元の自治体からコロナワクチン接種券が郵送されてきました。 65歳から74歳までが対象です。 昨日が予約開始日でした。 午前8時30分からで、電話かLINEでの申し込みになります。 そしがやの場合は、電話での申し込みにしました…

孤独死は本当に不幸か?

ネットや新聞に孤独死の記事が載っていることがあります。 その際の多くの記事のニュアンスは、孤独死は、不幸なことだというものです。 こんな孤独死は、以前はなかったし、現代社会に特有の問題という取り上げ方が多いような気がします。 ただ、冷静になっ…

日本特有の「株主優待」見直す動き

12銘柄ほどの株式を所有していますが、その半数近くの会社が株主優待をしています。 来月になると株式配当の通知の来るはずですが、最近は、カタログで選ぶ会社が増えているのもうれしいです。 ただ、配当を目的に株式投資をしていることもあって、株主優…

「お墓はいらない」という選択が増える背景

今は、コロナ渦で実家への墓参りは、1年以上行けていませんが、以前は、年に3回ほど行っていました。 そんな時に頭によぎったことは、自分の場合は、どうなるんだろうということでした。 そしがやには、子どもがいません。 仮に墓を作っても妻が亡くなった…

「東京に住むのはしんどい」か

東京に住んでから50年近く経ちます。 何か所か引っ越しをして、現在の場所に来て、10年ほどになります。 たぶん、このままずっと東京でこれからの人生を送ることになると思います。 時々、「東京に住むのはしんどい」という声を聞きます。 リタイアした…

失敗の本質

小学生のころは、ずっと軍事オタクで第二次世界大戦の戦記物をよく読んでいました。 その時に考えていたのは、なぜ日本軍は、第二次世界大戦で負けたのか、ということでした。 例えば、ミッドウェイ海戦で連合艦隊がこうしたら勝てたのではないか、といろい…

ノートPC『Inspiron 15 3583』にメモリとSSDを増設する

1『Inspiron 15 3583』を購入するきっかけ それまで使ってきたパソコンですが、中古で購入した富士通のLIFEBOOK S936/Mというもので、価格は、約3万円でした。 まだ購入して1年しかたっていないというのに音量が上がらなくなり、Iのキーが時々反応しなくな…

アメリカ人芸人はなぜインデックス投資をするのか

芸能人で投資をしているというと何人か思い浮かびますが、個別株や不動産で投資している印象があります。 インデックス投資ではありません。 芸能人だと忙しいと思われているので、企業分析をしたり、普段から値段をチェックしていないといけない個別株や手…

株で儲かっているときに考えること

毎月、月末に資産額を計算しています。 先月も資産額は増えていました。 理由は、支出面では、コロナ渦でほとんど巣ごもり状態なので、旅行とかの大きな出費がなかったということがあります。 収入面では、株価が好調だったことがかなり寄与しています。 6…

年を取るってどういうこと

今は、世間では、ゴールデンウイークですが、リタイアした身としては、普段と変わりません。 いくつかのズームでのサークルや勉強会に参加するほかは、午後、近くの川に沿った遊歩道を散歩するだけです。 いつもと同じです。 勤めているころは、ゴールデンウ…

大河ドラマの黄金時代

大河ドラマは、ここ数年は、最初の数回を見て、面白かったら、ずっと見続けるという形です。 今年は、渋沢栄一が主人公の『青天を衝け』ですが、最近は、ちょっと飽きてきているので、このままだと年末まで完走するのは、ちょっと難しそうです。 これまでの…

「自然との共生」夢見て山林に移住した漫画家が直面した過酷な現実

「ポツンと一軒家」という番組をよく見ています。 山の中の一軒家をテレビ局のスタッフが訪ねて行って、その家に住む住民のことを紹介する番組です。 それぞれの家には、家族の歴史があり、いつも面白く視聴しています。 多くは、先祖からその地に暮らしてい…

無職の男性39歳、スマホ7台を駆使しお金を使わない生活

使っているのは、ガラケーなので、なぜスマホを持たないのと聞かれることがあります。 その理由はと言えば、スマホの方がいろいろと利便性があることはわかっているつもりですが、本体価格が高いし、月々の維持費もかなり掛かるということです。 大学院では…

15年出勤せずに総額7000万円の給与をもらい続けていた公務員

40年ほど前、公務員として勤め始めたころ、こんな噂を耳にしたことがあります。 隣の自治体の職員が、朝、出勤してきて、出勤簿にハンコを押したら、すぐに姿を消し、また退庁時間にだけ姿を現すというものでした。 その間、何をしているかというとほかの…

「アジア人は禿げない」神話に異変 東アジアで薄毛化加速

そしがやの場合は、40歳代から髪の毛が薄くなったことを自覚してきました。 現在は、60歳代ですが、年齢相当に薄毛になっています。 そんなせいか、街を歩くと男性の髪の毛が気になりますが、同世代とも思われる男性が自分より毛髪が豊かだとちょっとう…

資産1億3000万円「300銘柄」を持つ男の生活費ほぼゼロ生活

株主優待というとテレビでよく見かける元棋士の桐谷さんが思い浮かびます。 テレビでの桐谷さんは、テレビ局側の編集方針もあってか、ややコミカルな存在で株主優待に振り回されているといった印象があります。 そんな株主優待ですが、そしがやもいくつかの…

早期リタイアを目指す彼氏

50歳くらいから早期リタイアを考えていました。 その時の一番のハードルは、妻の問題でした。 リタイアすると経済的には、以前よりは節約した生活になり、妻にとっては、生活水準が落ちることは、間違いないので、反対するのではないかということです。 例…

ずっと公務員でよかったこと

そしがやは、新卒で勤めてから退職までずっと公務員でした。 仕事が嫌になり、辞めたくなった時もありました。 要領が悪く、なかなか仕事が覚えられなくて、叱られることが多かったし、人間関係もうまく行かなかったからです。 ですが、公務員以上に条件のい…

53歳独身女性が「事故物件」の1LDKマンションを即買いした驚きの理由

今住んでいるマンションは、約10年ほど前に購入しました。 駅近のローケーションがよかったのとその時点で築10年ほどの中古物件でしたが、リフォームされていて、いくつか内覧した中では一番よかったのが、購入理由でした。 ただ個人的には、その前に住…

リタイア生活は飽きるか

60歳で定年で退職し、リタイア生活に入ったときに同じく退職する友人たちからよく言われたのは、「仕事をしないと飽きる」というものでした。 退職した多くの同僚たちは、再任用という形で仕事を続けました。 希望すれば、65歳まで働けるという制度です…