読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

生涯で6000万円もの差がつく 実は高い結婚のコスパ

その他

今は結婚していますが、結婚しなかった場合のことを考えることがあります。

いろいろと自由がきいたような思えます。

リタイアだって、もっと早くできたような気もします。

自分のお金も自分だけのために使うので、二人で使うより資産がもっと残っているかもしれません。

 

ですが、反面、一人でいることのデメリットもあるでしょう。

食生活が不安定になって、健康面で不安が出てくるかもしれません。

精神的には、二人で暮らした方が安定しているという話もききます。

 

独身だった場合と結婚している場合とでは、リタイア後の生活はどう変わるかは、いろいろと想像しています。

ですが、実際はどうだかは、やってみないとわからない面もありますから、何とも言えないというのが、真実なように思えます。

こんな記事を読みました。

 

style.nikkei.com

 

■結婚で生活費は2割減に
(前略)

翔太 僕が65歳、美咲が63歳の時点の資産は……っと、えっ! 1億3730万4548円!?

美咲 2人合わせた金額より6000万円も多い! なんでですか先輩!?

佳奈 別々に暮らしたときよりも生活費が減らせるからよ。一番大きいのは家賃ね。2割ほど減らせると想定したわ。食費や日用品の購入といった基本生活費も、2割ほど減るでしょう。日々の節約効果は小さいけれど、何十年もの長い期間を通してみれば、ばかにならないものなのよ。

 

このシュミレーションによると結婚して同居生活をすると、資産が6000万円も多くなるとのことです。

このケースは、二人とも働いているパターンですから、すべての夫婦に当てはまるものではないでしょうが、経済的には、結婚はオトクなようです。

なんといっても生活費を2割減らせるからです。

 

そしがやの場合は、働いていたのは、一人なので、この計算が単純に応用はできないでしょうが、生活費が2割も減らせるのなら、結婚には、経済的にもメリットがあったと言えるかもしれません。

 

とは言え、世の中は、経済的な動機だけで動くものではないでしょう。

自分の性格とか相手との相性とかあるでしょうから、このシュミレーションが誰にでも応用できるとも思えない気もします。

 

関連記事

 

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com