読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

低金利時代に3%〜5%の利回りを確保する方法

投資

マイナス金利が続いていますが、できるだけ高い利回りを確保しようといろいろと努力しています。

いま実行しているのは、高利回り株によって、3%程度の利回りを獲得しようとするものです。

しかし、実際は、1.5%程度の利回りにとどまっているのが現状です。

 

それでネットで高い利回りを得るための情報を探していますが、こんな記事を見つけました。

www.msn.com

 

この記事の中では、3つの方法が紹介されています。
【ケース1】:日経平均リンク債を利用する
最初に紹介されているのは、日経平均リンク債というものです。

金融マンの間では通称「ノックイン」と呼ばれる商品です。
日経平均の推移如何では、損失を被る可能性があります。

しかし、日経平均に著しい下落が見られない限りは、損失を被るリスクが少ない商品と言えるでしょう。

 

初めて耳にした商品です。

よく仕組みがわかりませんが、利回りは限られているのに、リスクは限られていない商品のようです。

そしがやは、このような複雑で理解できないものには、手を出さない主義なので、この商品は、パスです。

 

【ケース2】:株式の積立投資を行う
これは、昔から知られている方法です。

個人的には中長期で腰を据えた、株式の積立投資をおすすめします。ドルコスト平均法で一定時期に一定額の株を継続的に買い続ける手法です。

ドル平均法で株式を積み立てていくというものです。

いまそしがやがやっている方法がこれに一番近いです。

ケース1に比べるとリスクが少ないし、わかりやすい方法です。

 

【ケース3】:ファンドラップの安定運用コースを利用

ファンドラップとはざっくり言うと、分散投資。その名の通りファンド(投資信託)をラップ(包む・組み合わせる)します。

具体的には、様々な投資信託を組み合わせて分散運用をします。

 

これもよく最近聞くものです。

ですが、この記事では、手数料のことが記載されていません。

手数料で利回りのかなりの部分がなくなってしまうような気がします。

 

この記事では、3つの方法が紹介されています。

この中では、ケース2の株式の積み立て投資が面白みはないですが、一番リスクが少なくて、間違いがないようです。

こう見てくると高い利回りを得るには、今まで皆が実践してきた、よく知られた方法以上にそんなに画期的なものはないようです。

そんな方法があったら、皆もうすでに飛びついているでしょう。

 

関連記事

 

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com