読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

リタイアに必要なことは、いい人をやめること

いつも見ているテレビ番組にNHKの「ファミリーヒストリー」があります。

有名人の意外な先祖の話を追っていくというものです。

昨夜は、北野武でした。

彼の両親や祖母の話がメインでした。

北野武は、自分でも自伝的な小説を書いていて、ドラマ化もされているので、ある程度は知っていたつもりでした。

ですが、いろいろと知らないエピソードが出てきて面白かったです。

 

そんな中、一番興味を持ったのは、彼の父の菊次郎のことでした。

初めてメディアに登場する彼の姉の言葉が印象的でした。

姉によれば、父の菊次郎は、あまりにも、いい人過ぎたというのです。

居酒屋で酔って、する必要のない約束をしてしまって、後で困ったとか、人に母の経営する洋品店の帽子を勝手にあげたりとか、いくつかのエピソードが語られます。

そのために一家は、洋品店を手放し、困窮して、夜逃げ同然に足立区へ引っ越したということです。

 

こんな番組を見ると、人がいいのも問題だと感じました。

人は、誰しも他の人から良く思われたいものです。

ですが、生きていくためには、まず自分を大事にしなくてはいけません。

人にいい顔をすると結局は自分が辛い思いをするものです。

できないことは、できない、嫌なものは、嫌とはっきりというべき時もあります。

 

そしがやもノーと言えない人間でした。

ノーと言えず、気安く話を受けて、あとで自己嫌悪になり、苦しんだ時があります。

勤めている頃は、いろいろなしがらみで言えなかったのです。

友達を失うことが怖かったのかもしれません。

 

ですが、今はリタイアしていろいろなしがらみからは解放されました。

以前よりは、ノーということができるようになりました。

やっと、ただのいい人をやめることができるようになった訳です。

やはり人間関係というのは、イエスもノーも両方とも言えてこそ、いい関係になれます。

リタイア後の精神衛生上もこのことが大事です。

これがリタイア生活には、特に必要なことだと感じています。

 

関連記事

 

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com