読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

53歳独身、貯金8000万。すぐにでも早期リタイヤしたい

msnニュースに不定期に掲載されるマネークリニックは、いつも楽しみにしている記事です。

この程度の資産でリタイアできるか、という内容が多いです。

そしがやも50歳くらいからリタイアを意識していたので、自分のときと比べて読めるのが、いつも興味を持っている理由でしょう。

 

さて、今回は53歳の男性です。

そしがやが53歳ころは、55歳くらいでリタイアできないかといろいろ考えていたころです。

今回の方とは少し条件が違い、妻もいて、貯金も8000万円はありませんでした。

ですが、この方と同じく独身だったら、リタイアしていたかもしれません。

家族の存在は大きいです。

 

最初、この見出しを見たとき、もうこの人は、誰が見てもリタイアできると思いました。

www.msn.com


具体的な相談内容は、以下の通りです。

■相談内容
10年前に離婚して、独り者です。勤務先はそのころ中途入社した会社なので、退職金は300万円程度です。住宅ロ-ンが800万円ほど残っていますが、親からの遺産(現在、父の後妻と係争中ですが、最低限1000万円はこの程度は入る予定です)をその返済に充て、売却した上で、退職して、熱海の別宅(管理費が現在も月3万円ほどかかります)で、悠々自適の生活を送りたいのですが、現状の資産で可能でしょうか。家賃はその管理費程度に減らせると思います。定期収入としては、株式の配当が10万円/年程度です。60~70歳まで個人年金が100万円/月、公的年金はこのまま辞めると100万円/年程度です。65歳以降は保険料を中心に支出を20万円程度に減らす予定です。

 

 

予想通り、FPもすぐにでもリタイアできるということでそしがやと同じ結論でした。

■FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1 100歳まで生きても3000万円超が残る
アドバイス2 「普通預金5500万円」はもったいない
アドバイス3 ワンランク支出アップの生活も可能

 

この3つのアドバイスの中でFPに一番共感したのが、2番目のアドバイスです。

確かに普通預金5500万円は、ちょっともったいないです。

FPは、少しでも金利に高い地銀やネット銀行への預金を勧めていますが、その通りだと感じます。
それにしてもリタイア後は、自宅マンションを売却して、熱海の別荘に住むというのは、結構魅力的ですね。

関連記事

 

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com

sosigayax.hatenablog.com