読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

現金1億1900万円没収される

その他

いろいろなニュースをネットで毎日読んでいると、時どき想像力をかきたてるものがあります。

最近ではこんなニュースが面白かったです。

 

旧紙幣持ち出しの日本人男性 無申告で1億円以上没収/台湾 | 社会 | 中央社フォーカス台湾

 

(桃園空港 19日 中央社)航空警察局は19日、台湾桃園国際空港からフィリピン・マニラに向かおうとしていた日本人男性の荷物から、申告されていない現金1億1900万円を発見し、一部を除き没収すると発表した。同空港で没収された金額としては過去最高だという。
(中略)
男性が所持していたのは1958年から発行されていた旧紙幣の1万円札で、鑑定のためにフィリピンに持ち込むつもりだったという。

 

 

台湾の空港で日本人男性が未申告の現金1億円以上を没収されたというものです。

それも1958年以降に発行されていた旧紙幣の1万円札です。

今は懐かしい聖徳太子のものです。

普通に考えると偽札を持ち込んだということでしょうが、もし本物だったらと考えると興味深いです。

 

なぜ、これまで使わなかったのでしょうか。

それに鑑定のためなら、なぜ日本でしなかったのでしょうか。
いろいろ謎が深まります。

 

1万円札は、1984年に福沢諭吉のものになっていますので、84年以前に保持していたわけですから、当時は、今の2億円くらいの価値があったのではないかと思います。

もし、最初に発行された1958年当時のものだとすると10倍近い価値でしょう。

なぜずっと持っていたんでしょうか。

よっぽどの財産家で、使うのを忘れていたのか。

親がたんす預金していたのを最近になって、偶然見つけたとか。

それにしても金額が大きいです。

普通だとあり得ないですね。

 

いずれにしても台湾当局が真相を明らかにしてくれるでしょうが、ちょっと注目したいニュースでした。