読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

マツコデラックスの面白い理由がわかった気がした

芸能

最近よくテレビで見るようになったタレントにマツコデラックスがいます。

最初はそのルックスと衣装から何かキワモノのような感じでしたが、いまは普通に見ている自分がいます。

初めて知ったのは、「さんまのホンマでっかTV」(フジテレビ系)でしょうか。

それ以降ずっと見ています。

毒舌ですが、知識量があり、温かみを感じさせるコメントで嫌味がないので、好きです。

 

最近では、『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)を見始めました。

有吉とふたりで視聴者からの悩みに答えるという番組ですが、ふたりの掛け合いが楽しくて、ここしばらく見ています。

マツコの知らない世界』(TBS系)も何度か見ました。

 

なぜ最近マツコをこんなによく見るようになったのでしょうか。

そんな理由を教えてくれるような記事を読みました。

toyokeizai.net

 

この記事によると、マツコの魅力は4つのMCのスタイルを使い分けているからだといいます。

最近見始めた『マツコ&有吉の怒り新党』では、コンビ芸人型、何度か見たことのある『マツコの知らない世界』では、記者型MC、見たことのない番組の『アウト×デラックス』では王道型MC、最後にやはり見たことのない『マツコ会議』はレポート型MCだというのです。

 

芸能界には、このような4つのスタイルをこなせるMCは、他にはいないようです。

例えば、さんまは、コンビ芸人型やレポート型MCはよしとしないと記事では述べてます。

確かにさんまは、もう大御所になってしまったので、誰かとコンビ芸人のように掛け合いをするのは考えられないですね。

初期の「笑っていいとも」でタモリと掛け合いをしていましたが、今は、ちょっと相方になる芸人がいないでしょう。

またさんまがレポーターになるというのもありえないでしょう。

 

マツコがこのようにいろいろなタイプのMCをこなせるのは、

記事の表現で言うと、

マツコさんがパートナーやテーマを問わずにMCをこなせるのは、4つのスタイルを使い分ける柔軟性があるからなのです。

(中略)

私自身、マツコさんには何度かお会いしたことがありますが、売れっ子タレントになってからも、庶民的で慎重な人柄や、本音で向き合う姿勢はまったく変わっていません。だからこそ自分本位ではなく、パートナーに合わせたMCスタイルを使い分けられるのでしょうし、それこそがビジネスシーンでも大事なことではないか、とも感じるのです。

 

そんなふうに4つの顔を持てるのは、柔軟性があり、またその人柄や姿勢だというのです。

そしがやは、もちろんマツコに会ったことはありませんが、番組で見た印象からするとこの記事の内容は、そんなに間違っていないような気がします。