読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

なぜ、友達が少ないほど「幸せ」になれるのか?

リタイア

リタイアして、友達は減ったと思います。

仕事をしているときは、そこそこ付き合う友達はいたのですが、いま連絡をとっている友人は、本当に少ないです。

4~5人でしょうか。
仕事をやめると友人が減るというのは、わかっていたし、もともと人間関係に執着しない性格なので、別に残念だと考えていません。

 

さて、いつも見ているmsnニュースで友達に関するニュースを見つけました。

www.msn.com

内容はというと、

友だちの数は、多ければいいということでもなさそうだ。Quartzの記事によれば、人生の幸せと関係するのは15人の本当に仲がいい友だちだけだとか。

15人の本当に仲のいい友達とありますが、15人は、かなり多いですね。

そしがやの考える友達とはちょっと違うような気がします。

知り合い程度でしょうか。

 

Facebookの友だちが多い人は孤独だと判明


しかし、MITの心理学者Sherry Turkle氏の意見は異なる。彼女は、友だちの数が増えれば増えるほど孤独になっていくと伝える。Facebookの使用頻度が多い人が、より孤独を感じているという統計まであるそうだ。

さらにほとんどの研究が示唆するのは、人と繋がれば繋がるほど幸せから遠ざかるということ。Facebookの投稿を多くして、たくさんの人と繋がろうとする人たちを調査したところ、落ち込みやすい特徴があったそうだ。

つまりFacebookで友だちが増えると、幸せにならないどころかむしろ不幸になる可能性もあるのだ。

 

Facebookをやっていないので、わかりませんが、Facebookの友達が普通の意味の友達とはちょっと違うよう思えます。

この記事の友達は、かなりそしがやの考えるものとは、違いますね。

 

仲のいい友だちは年収+1,200万円の価値

大切なことを何人の人と話すのか?というアンケートが、1985年に実施された。その結果、一番多かった回答は3人。59%もの人がそう答えたのだ。

そして同様のアンケートを2004年に実施したところ、もっとも多かった答えはなんと0人。どんなことでも腹を割って話せる人は、いなくなってしまったのだ。

しかし、本当に仲のいい友だちが人生にもたらす影響は大きい。ある研究では、毎日会える友だちを持つことは年収が10万ドル(約1,200万円)増えるのと同じ効果があると結論づけた。

 

そしがやも大切なことは、友達には話さないでしょうね。

2004年のアンケート結果の多数派と同じです。
友達と会うことには、価値があるとは思いますが、正直毎日は会いたくはないですね。たまに会うからいいと感じます。

よく会う友達でも月に1回程度です。

それに1200万円の価値というのは、ちょっと多すぎます。

 

人生に必要なのは“15人”の友だちだけ

霊長類の調査をするRobin Dunbar氏によれば、社会的に関係を持てる数は脳の大きさに基づくという。同氏の調査では、人間が管理できる数は150人までであるということが分かった。さらに、最大で5人までの親友を持つことができ、仲のいい友だちは15人までが限界だと、彼は示唆する。

 

仲のいい友達は、15人でも多すぎます。

5人程度で十分ですね。

それに親友は、1人か2人でいいと思います。

 

八方美人になりすぎないこと

社会学者のWendi Gardner 氏とCindy Pickett氏は、多くの人と仲よくすることで、本当に仲のいい人との時間を犠牲にしないよう注意を促す。

 

これは、まさにその通りだと思います。

仲のいい友人との関係を大事にしていきたいですね。

 

関連記事

 

sosigayax.hatenablog.com

 

 

sosigayax.hatenablog.com

 

 

sosigayax.hatenablog.com