読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

きのあ将棋に勝てない

以前の記事でも書いたようにきのあ将棋を楽しんでいます。

今までは、3回に1回くらいは、勝てたのですが、ここ数日連敗をしています。

10連敗でした。

何か精神的にも辛い状態が続いていました。

本当に連敗を重ねたプロ棋士のような気持ちでしたね。

 

毎日3局くらい指していましたが、昨夜最後にようやく勝てました。

久しぶりでした。

うれしかったぁ。


なぜ、こんなに連敗を続けてしまったのか、自分なりに考えてみました。

対戦相手は、中級レベルの宇氏 みう香です。

最近は、ずっとこの棋士と指しています。

右四間が得意な攻撃的タイプです。

そしがやは、ずっと後手番で指しています。

 

負けるパターンは、二つあります。

1 序盤から宇氏 みう香の攻撃的な右四間からの攻めを受けきれず、早い時期に負けてしまう。

2 序盤はうまく行って、優勢に進めるが、後半、詰めがあまく、ゆるい手を指してしまい、逆転負けを喫してしまう。

 

大体この二つのパターンですが、2のパターンが本当に悔しくて、残念なので、こちらだけでも勝てるとかなり勝率が上がるでしょう。

3回に1回の勝率から2回に1回くらいになると思うので、2のパターンで勝つやり方を考えてみました。
これは、今までの自分の対戦の反省から出てきたものです。

 

1 ポカをなくす。
  飛車や角といった大ゴマを見落としで取られてしまい、一気に形勢が逆転してしまうことが多いので、手を指すときに見落としがないようにする。
このパターンが本当に多いです。

将棋では、大ゴマの力は、大きいので、飛車を一枚取られただけで、負けてしまいます。

ですから見落としないように注意力を維持することが大事です。

 

2 終盤に常に詰めろをかける
  相手の王に追いかけているときにゆるい手を指してしまい、その間に自玉に詰めろをかけられてしまう。

相手の王を追いかけるときは、王手ではなく、常に詰めろをかけるようにする。

と言っても、これがなかなか難しい。

詰め将棋の本を読んで、終盤を強くするしかないですね。

 

とりあえず、この二つをやれば、5割くらいに勝率を上げることができるでしょう。
でも、将棋は奥が深い。

だからずっと飽きずにこんなに楽しめるのでしょうね。

 

関連記事

 

sosigayax.hatenablog.com