そしがやのリタイア日記

リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。

リタイア

老後ためには共働きが最適だが、貧困男性は生涯未婚

年1回会っている公務員時代のリタイアした元同僚は、ほとんど結婚していますが、何人かの未婚の男性がいます。 いずれも元気そうに過ごしています。 経済的にも困っている人もいないようです。 ですが、こういう男性は、例外かもしれません。 こんな記事を…

老後は、ほんとうは働きたくない人たち

以前通っていたシニア向けの大学のクラスでは、女性の同級生もいましたが、みな経済的に恵まれているようでした。 亡くなった夫の残したビルの賃貸収入で暮らしている人や大企業の社員や公務員だった人ばかりで、ほとんどの人が余裕のある生活をしているよう…

老後のお金、公務員は心配無用なのか

そしがやは、公務員だったので、「老後は安心でしょう」とよく言われていました。 ですが、世の中そんなに甘いものだとは、考えていなかったので、そしがやは、老後に備えて、資産運用に努めてきました。 その結果、いまは、リタイアして、大学院へ通う生活…

フィリピンで年金生活を送る「脱出老人」は幸せか

55歳でリタイアを考え始めたころ、海外で暮らすことも検討していました。 生活費の安い国であれば、年金だけで生活できそうに思えたのです。 海外暮らしをしている人の本を読んだりして、どの国がいいかと考えていました。 ただ実際には、そこまで踏み込む…

50代で強烈な「肩たたき」に…思い切って海外転職してみた結果は?

そしがやは、公務員だったので、定年前には、肩たたきもなかったし、海外で仕事をしようとも思いませんでした。 ですが、民間企業に勤めているとエンジニアの場合、海外企業からの誘いも結構あるようです。 今回の読んだ記事は、50歳代で肩たたきがあり、…

老後が不安なら老後をなくせばいい

金融庁が発表した「老後には2000万円が必要」という報告書が騒動になっています。 これによって、金融庁の意図とは、異なって、かえって老後に不安を感じた人も多いでしょう。 いくつかの週刊誌がこの問題に触れていました。 そんな中のある週刊誌の記事…

リタイアしてからの小さなしあわせ

ユーチューブをいろいろと覗いていると、昔よく聴いていた懐かしい曲に出会うことがあります。最近、見つけたのは、この曲です。 お早うございますの帽子屋さん 谷山浩子 70年代にまだそしがやが20歳代のころによく聞いていた曲です。 すっかり忘れてい…

リタイアして、死が身近になってきた

前々回の記事で前にいた大学のメンバーと飲み会をしたという記事を書きました。 その時には、いろいろな話題が出たのですが、今年、大学を定年で退職をしたばかりの教授が急死したという話を聞きました。 65歳でした。 そしがやは、授業を受けただけでそん…

リタイアしても飲み会は必要か

数日前に、前に通っていた大学のシニア向けのクラスのメンバーと会いました。 場所は、代々木のイタリアン・レストランです。 6人ほどが集まり、3時間ほど楽しく飲み食いしました。 平均年齢は、60歳ほどで、会話も弾みました。 ワインがおいしい店で、…

リタイア5年目で確信したこと

今年の4月でリタイア5年目に突入しました。リタイア前には、いろいろ心配していたことがありました。 その最大のものは、勤めを辞めて、何年か経つとまた働きたくなるのではないかというものでした。 それまでの40年近くを仕事をする生活をしてきたので…

リタイア生活5年目に入った

昨日でリタイア生活は、5年目に入りました。 リタイアする前は、いろいろと不安がないわけでもありませんでしたが、今は、リタイアしてよかったと思っています。 よく言われるリタイアした後の、孤独や健康やお金の問題に悩まされることもなく、日々、過ご…

イチローは、引退後、毎年5億5000万円受け取れる?

スポーツ選手というと現役の時は、華やかでも引退してからの第2の人生がかならずしも恵まれていないイメージがあります。 野球の場合で言うと、現役が長い選手でも40歳代では、現役を引退しなければなりません。 無論、40歳代までプレイできるのは、ま…

公務員夫婦、貯金5000万円で不安な訳

公務員時代の同僚で早期リタイアした人は、何人かいます。 20~30歳代のころだと景気の良くて、給料の高い民間企業に行った人もいました。 バブル経済崩壊前だったのです。 ですが、50歳代でリタイアした人には、持病のある人が多かったです。 身体的…

65歳を過ぎても仕事を続ける友人

先日、久しぶりに公務員時代の友人と会いました。 彼は、そしがやより年上で再任用で働いています。 ですが65歳になり、今年の3月で再任用の期限を迎えます。 食事をしながらその後のことを聞いてみたら、役所の非常勤職に応募して、認められたので、また…

51歳貯金1億3000万円。早期リタイア生活は怖いです

早期リタイアは、55歳くらいから考えていましたが、結局は、実行しませんでした。 その理由はというと充分な資金が用意できなかったというのが大きいです。 ですが、もしその時に仮に1億円程度の資金があったとしても最終的な決断は、なかなかできなかっ…

公務員は「老後のお金」を心配しなくても良い?

そしがやは、公務員でしたが、勤めているころから同僚たちは、あまり老後のことを心配していない人たちが多かったです。 60歳で定年を迎えても、65歳までは再雇用で仕事をができるし、その後は、年金で暮らしていけると思っていたのかもしれません。 ま…

47歳公務員、貯蓄1億3000万。念願のリタイアできるか

いつも読んでいるマネープランクリニックですが、公務員が登場すると自分も公務員だったこともあり、興味深く読んでいます。 時々、アーリーリタイアしたいという記事が出ますが、今回は、47歳にして、資産形成に成功した人のものが載りました。 www.msn.c…

嵐の活動休止発表と大野智

嵐は、好きなグループでよくテレビで見ていました。 国民的グループとして多世代にわたって人気のあるグループです。 そんな嵐のびっくりするニュースが先日流れました。 news.livedoor.com アイドルグループ「嵐」が活動休止することが分かった。27日、公…

早期退職金、勢いでもらう人の末路

そしがやの勤めていた職場には、早期退職金という制度がありました。 60歳の定年退職でもらう退職金が早期退職すると割増しになるというものです。 公務員には、ほとんどのところがあり、民間でも多くの企業で実施しているものでしょう。 そしがやの勤め先…

定年後にやることがない人はどうしたらいい?

3が日も終わりました。 テレビを見て、雑煮やおせち料理を食べ、3日間を過ごしました。 ほとんど外へ出ませんでした。 引きこもり状態でした。 出たのは、年賀状の返事を出すために近くの郵便ポストへ行った時くらいでしょうか。 年賀状ですが、止めたいと…

定年で辞めた人が職場に来て困ったことがあった

リタイアして4年目を迎えていますが、かつての職場に行ったことはありません。 行こうとも考えていません。 4年も経って、人事異動で人も変わっているので、行っても知っている人は、ほとんどいないということもあります。 辞めた当初なら、知っている人は…

4割の人は忘年会に「参加したくない」

12月になりました。 勤めているころの12月というと忘年会のことが思い出されます。 幹事になれば、会場を探したりとか、忘年会の出し物を考えたりと憂鬱でした。 幹事ではなくても大して面白くもない忘年会に参加するのは、決して楽しいものではありませ…

50歳公務員、夫が家に入れる生活費18万をアップしてくれない

勤めているころは、周りの同僚は、同じ公務員同士での共稼ぎが多かったです。 公務員の場合は、男女とも条件が同じなら、同一賃金ですから妻が働いていない一馬力のそしがやに比べると倍の収入になり、うらやましく思ったものです。そんな同僚の中には、妻が…

65歳公務員OB妻「早く逝っちゃってよ」

公務員だったので、ネット上のリタイアした公務員の記事は、よく読むようにしています。 無論、人によって条件は違いますが、参考にはなります。こんな記事を読みました。 president.jp 公務員OB山本章造さん(仮名)65歳大学卒業後、東京都特別区の職員とし…

50歳資産2000万。3部屋の家賃収入で早期リタイア希望

公務員になりたての頃、先輩にアパートなどの不動産収入のある人がいました。 昔からの地元の地主のようで、別に仕事をしないでも生活できるように見えました。 そのせいか、職場でも出世を目指すわけでもなく、自分のペースの仕事をしている人でした。 そん…

月収44万68歳の悩み「暇で暇で死にそう」

リタイアしてからは、いつも何をしているんですか、と聞いてくる人がいます。 大学院へ通っているというと納得してくれる人がほとんどです。 ですが、もし大学院へも行っていなかったら、不審な顔をする人が多いような気がします。 暇で暇で困るんじゃないか…

人生100年時代 老後に笑うのは共働きの正社員夫婦

リタイアするときには、90歳くらいまで生きるという見込みで、今の資産やこれからの年金で計算して、老後は、大丈夫だと考えました。 両親とも80歳代でなくなっているので、長く生きても90歳くらいだと思ったからです。 ですが、最近、いろいろな記事…

47歳貯金270万円。仕事がきつく早期退職を考えています

そしがやが47歳ころというと、仕事がきつくなり、責任も重くなり、働くのがだんだんイヤになってきたころです。 ですが、リタイアという言葉は、知っていましたが、まだリタイアは、考えたことはありませんでした。 しかし、同じような状況でも早期退職を…

ミジメな老後まっしぐら、無自覚な貧乏要因2つ

リタイアして4年目ですが、60歳でリタイアするときに予想していた経済的状況の範囲内で過ごしています。 毎月、蓄えは減っていきますが、想定していた通りです。 節約した生活を送っていますが、あまり倹約しすぎて、ミジメにならないようにもしています…

2000万円が消える、定年後の現実

60歳でリタイアしてから3年が経ち、4年目を過ごしています。 毎年、収入と支出を計算していますが、おおむね、1年間で200万円の収入があり、400万円を支出しています。 収入が結構あるのは、年金の経過措置があり、本来の年金の約6割ほどが出て…